【 back number tour 2016 “ミラーボールとシャンデリア” @幕張メッセ(2days)の2日目 】

DSC09367
2016年6月18日(土)と19日(日)の2日間に渡って参加した、back number tour 2016 “ミラーボールとシャンデリア” @幕張メッセ。
▼ 【 幕張メッセ 1日目 の思い出 】 の思い出はこちら
http://masako-i.net/blog/160618
以下に、自分史上2回目の back number ライブ【 幕張メッセ 2日目 】に参加して感じたこと、気づいたこと、思い出を記します。
***
【 幕張メッセ 2日目 の思い出 】
(1) 「とっても幸せでございました!」
カーテンコールの最後の最後、生声で依与吏さんがおっしゃった言葉、「とっても幸せでございました!」
2日目の思い出はこれに尽きる。
ライブ中盤でも、「今日は、楽しいっていうより、幸せでございます!」とおっしゃっていた。
ライブはナマモノ。
同じ会場で同じセットリストでも、全然違うんだよな~。
幕張メッセ、2日間とも参加できてありがたいな~としみじみ思う。
(2) アンコールで長く語った、バンドを結成した時から現在まで
アンコールのMCで、2004年11月にバンドを結成して初めてライブをやった時のことを振り返っていた。
「今から11年前?12年前? あの頃、こんな景色が見れるなんて思っていたかな~。」、「まだ和也も寿もいなくて、、、」と感慨深げに語り出した。
今回の幕張メッセ公演は、back number 史上最高の収容人数!! 動員数は 16,000人× 2days!!
彼らにとって一つの区切りになったことは間違いない。
このメモリアルな時間と空間を共有できたことが素直にうれしい。
一方で、11年後、12年後、私はいったいどうしているかな~と想像してみたりもした。
具体的なイメージはまったく描けないため、夢物語を描いてみた。
しかし、現在とのギャップがあまりにも大きすぎてワクワクしない。
いきなり大成功という道はないのだろう。
すぐに結果が出なくても、一歩一歩、目の前のことを全力でこなしていくこと。
そして何より重要なのは、あきらめずに続けること。
そう教わった気がする。
(3) 16,000人が一体となって大合唱した「高嶺の花子さん」
昨日はやらなかったからアドリブかな?
「高嶺の花子さん」の2番のAメロで、突然「歌って!」とオーディエンスにマイクを向けた依与吏さん。
それに対して、完璧に応えてみせたオーディエンス。
あの一体感!!グルーブ感!!スゴかった!!!
このような感動体験ができるのがライブの醍醐味。
(4) 収録用カメラが入った日でも、相変わらずの自然体トーク
幕張メッセ2日目には、収録用のカメラ機材が入っていた。
後日、映像作品としてリリースされたり、どこかで放映される可能性があるとのこと。
このため、本日のMCはあらかじめ話す内容を考えてこられているのかな?と予想したが、見事に裏切られた。
上記(2) で記載したアンコール時のMCのみではないだろうか。準備された内容のMCは。
本編では相変わらず、等身大のありのままの姿&自然体トークでオーディエンスとのコミュニケーションを試みていた。
会場が小さくても、大きくても、CDが売れて知名度が上がっても、収録用カメラが入ろうとも、
「どんな時でも変わらない」
というのはスゴイことだ。
既に11~12年のキャリアがあって、自身のスタイルを確立しているからブレないんだろうな。サスガ。素晴らしい。
また、ファンとの距離が近い感じも好感度大!!!
(5) 曲への感情移入
昨日初めてライブに参加して驚いたのが、MCでのマイナスな言葉やネガティブな言葉。
それらは、悲しい曲が何曲か続いた直後が特に激しいということに、今日気づいた。
依与吏さんいわく、すっかり悲しい気持ちになってしまうのだそう。
そしてそれを、MCの時にも引きずってしまうご様子。
ポジティブに捉えるならば、曲に感情移入して歌っているという証拠である。
ご本人は作詞・作曲を手掛けているのだからなおさら、いろいろな感情が蘇ってくるのだろう。
「みんなも、(曲に)いろんな主人公が登場するから(気持ちが)忙しいでしょ?」と共感を求めていた。
(6) 肉食系になれなくて草ばっかり食べている系www
・曲の印象 → 草食系
・リアルでみたご本人の印象 → 肩幅ガッツリの肉食系
という一般的なイメージに対して、
「でも、草食系とか肉食系とか分けてほしくないんだ。肉食系になれなくて草ばっかり食べている系だから!」
(場内爆笑)
「今笑ったヤツ!同じような人生歩んでいるんじゃないの?」
(7) 交通トラブルで少し冷や汗
前日(1日目)、魅力的なグッズが全部売り切れてしまっていて購入できなかったため、2日目は13時前の到着を目指して家を出た。
ところが、11時過ぎから、最寄駅「海浜幕張」を通る京葉線が信号システムの不具合で運転見合わせ。
私は「東京」駅から迂回して、「海浜幕張」行きのバスを使ってようやく到着。
ちなみに2日目も前日同様、幕張メッセのお隣りの展示場では Perfume のライブが同時開催されていた。
振替え輸送車の混雑、開演時刻の遅延なども心配したが、どうやらみなさん無事にたどり着けた模様。
開演時刻は前日と同じく定刻の15分押しだった。
日曜日の公演は、遠征組は終了時刻をすごく気にしているし、関東組も終電が早いため、開演時刻が遅れると影響が大きい。
だから、時間通りに始まって良かったな~と思う。
ライブの最初のMCでも「電車大丈夫だった?」と気にかけてくれた。
こういう気遣いがファンの心をつかむんだよな~。
歌詞が良いとか、曲が良いとか、声が良いとか言っていても、最後に重要になってくるのはやはり「人間性」だと感じた。
***
⚫︎ まとめ
2日連続で幕張メッセに通ったのは、初めて。
1日目は30列目ど真ん中、2日目は22列目真ん中という良席で、2日間とも銀テープがたくさん拾えた!
大・大・大満足!!!
(幕張メッセは全席アリーナで、最後列は約100列目)
次回、7月14日@日本武道館(1日目)が楽しみにった。
(ご参考)
▼ back number tour 2016 “ミラーボールとシャンデリア”
http://www.backnumber.info/tour2016/
***
【 時詠み 】
★ 生年月日統計学による「マイパーソナルカレンダー」より(すべての方に当てはまるものではありません。)
《 6月19日 》
▼ 統計心理学では?
●「テイクオフ」の日
…  活動、独立の時。何事にも積極的に行動したくなる。
気力、体力、資金等すべて準備万端に整えると良い。
●「プロモーション」の月(6月)
… 周りから人気が高まり、PRに力を入れる時。
油断大敵を肝に銘じて過ごすと良い。
▼ 個性心理學では?
●「活動」の日
●「調整」の月(6月)
▼ ホロスコープ(西洋占星術)では?
● 事故に注意する時期
… 私の「火星」と天空の「水星」が90度
● 人間関係に注意する時期
… 私の「MC」と天空の「金星」が90度
● 仕事上、大きな利益がある時期。
… 私の「木星」と天空の「冥王星」が60度
● 独立心がとても高まる時期。
… 私の「月」と天空の「天王星」が0度
● 今の環境に自由と興奮がない場合はそこから逃げ出したくなる時期。
… 私の「金星」と天空の「天王星」が90度
▼ 四柱推命では?
●「陰徳」の日(壬申)
(ご参考)
▼ WORK
http://masako-i.net/work
▼ 個人セッション
http://ameblo.jp/light-life-concierge/themeentrylist-10092399851.html
▼ お客さまの声
http://masako-i.net/voice
▼ お問い合わせ
http://masako-i.net/contact



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。