【 時詠み 】:2015年12月14日(一粒万倍日+天赦日):商標登録

DSC05677
2015年12月14日(月)は、東洋の暦で「一粒万倍日」と「天赦日」が重なった1年に3回しかない最上の吉日でした。
この日私は特許庁に出向き、商標登録料納付書の提出をしてきました!

約8週間後に設定登録がされ、初めての商標権が発生することになります。
ことの経緯としては、以下のとおりです。
去る2015年7月17日(金)、本日と同様に「一粒万倍日」と「天赦日」が重なった良き日を選んで、私は3件の商標登録出願をしました。
具体的には、現時点での自分の肩書きについて。
(1) 開運コンサルタント
(2) 時詠みコンサルタント
(3) ライトライフ コンシェルジュ
これらの登録査定結果が、12月上旬に届いたのです。
おかげさまで非常にスムーズに、3件とも一時審査の結果がとおりました!!
特許庁の相談窓口の方によりますと、一度も拒絶理由通知が来ずに審査にとおるのは大変おめでたいことなのだそうです。
また、「運が良いですね〜!」とも言われました。
確かに、1件はダメもとでの出願でしたし、出願前調査や手続きについては特許事務所に委託したわけでもありません。
同じ高校・同じ大学出身で弁護士・弁理士をされている先輩に2回相談に行っただけで、他は独力でやりました。
ですから、私は特許庁の相談窓口の方に「時を詠んだからです!」と熱く語ってしまいました(笑)。
(ご参考)
【 時詠み 】:2015年7月17日(一粒万倍日+天赦日)
http://masako-i.net/blog/150722
***
「開運」や「時詠み」といいますと、一般的には統計学や占いというイメージがありますが、私の「開運コンサルティング」、「時詠みコンサルティング」では、そういうものと個人が生まれ持っていらっしゃる運をミックスして、その方にとって最も良い日にちと時間、そしてそれをビジネスの中でいかに生かしていくかをお伝えします。
多くの方は、幸運は「やってくるもの」と思っています。
ですから、単なる「開運コンサルタント」ならば、「この日に行動してください。」とアドバイスをするのでしょう。
しかし私は、幸運は待つものではなく、「あなた自身がつくりだすもの」だと考えております。
このため私は、「運をつかみに行く人に、そのメソッドを教える人」という意味で「開運コンサルタント」を名乗っております。
「Make fortune」したいあなたと、縁あってお会いできることを楽しみにしております。
(ご参考)
work
お客さまの声
個人セッション
お問い合わせ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。